インターネットアクオス第2弾シャープが発表

インターネットアクオス第2弾シャープが発表
 
インターネットアクオス第2弾の詳細は、下のニュースリリース
のリンクなど関連記事で確認してください。
26インチの液晶テレビが、テレビ録画できるパソコン

ラインナップに載ったのgood!
しかし、懸念がたくさん、、、、、

先ずは、ブログ管理人がニュースリリースだけの情報に基いて、
独断と偏見での懸念点を上げます。

 

1.OS
ウィンドウズビスタは当然であるが、ホームプレミアムでなく、
ホームベーシックだということである。
コストとの兼ね合いであろうが、パソコンよりもテレビ録画
ウエイトを置いた設計ということであろう。

画像のきれいな液晶モニターエアロを楽しみたいのに、、、
 

2.テレビ録画用HDDとパソコン用HDDは別物
テレビ録画中にパソコンを使用するときのストレス対策のよう
であるが、心配なのは、コスト。そして、価格。

 

テレビ録画できるパソコンのメリットは、ハードディスク(HDD)
を兼用化することにより、テレビレコーダーパソコン
それぞれ購入する場合に比べ、コストメリットがあると
ブログ管理人は考えているのであるが、このメリットはあるのかな?

 

個人的な見解を言わせて頂ければ、テレビ録画時のパソコンの
性能なんて、気にすることはないのでは、と思うが、、、、、

 
3.アナログテレビの録画ができない?

個人的には、これがワースト。
テレビ録画できるパソコンにおいて、

アナログテレビの録画ができるかどうかは、大問題。
地デジって、みんな見ているの?
アナログ放送をまだ見ているのは、ブログ管理人だけ?
 
そのくせ、
4.録画ユニットは編集やムーブ機能には対応していない。
ただ、電子番組表(EPG)を使った録画予約や早送り,
巻き戻しといった機能は,液晶テレビ側のソフトウエアが
担うことでOK。
 
5.液晶テレビで裏番組を視聴できない 
チューナーを2つ載せる構成よりも部材コストを削減できるが,
録画時は液晶テレビのデジタル・チューナーを占有するため。
ユニット自身はデジタル・チューナーを持たず,
液晶テレビのデジタル・チューナーが受信した映像ストリームを
IEEE1394経由で取り込み,ユニットのHDDに保存する仕組み。 


以上、極めて簡単なレビューで恐縮ですが、ブログ管理人の個人的な
印象では、画質を重視したテレビ録画機のおまけの機能として、
パソコンが附属しているという印象を受けています。


繰り返しになりますが、これはあくまで、ニュースリリースをざっと
読んだだけのブログ管理人の印象ですので、今後、発表される
レビュー記事等を判断材料に、ご自身で判断をお願いします。

 

現時点でのおすすめとしては、以下の通り。
テレビ画像を重視して、テレビ録画できるパソコンという方は、
 インターネットAQUOS 
 ・パソコンを主体に考え、ついでに、テレビ録画機能も、と考える方は、
 DELLパソコン:テレビ録画  に、なるのでしょうか?

インターネットアクオス新型は、ちなみに、普及型が3月末
上位版が4月末の発売になりますので、
今しばらくお待ちください!!! 
 

ウィンドウズビスタWindowsVistaのホームプレミアムHomePremium
パソコン1台でテレビ録画、インターネット、音楽なんでもできる
マルチメディアセンターにピッタリ!
テレビ録画できるパソコン 
 
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070228/128283/?ref=ML http://www.sharp.co.jp/corporate/news/070228-a.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。