パソコンの修理や廃棄を考えましょう!

 

パソコンが故障がちで、修理したい、あるいはパソコン廃棄したい。

古いパソコンへの対応方について、一緒に考えませんか???
どうすべきでしょうか?

部屋の広さ、古いパソコンの程度、パソコンの使い方、
などによって対応の仕方は様々でしょう。

<選択肢は、以下の通り>
1.セカンドパソコン or バックアップ用に、修理し活用
2.下取り or 中古パソコンとして売却
3.ハードディスクだけをパソコンから取り出して、バックアップ用に活用
  (ノートブックパソコンでも可)
4.パソコン廃棄

<メリット、デメリット、注意点>
1.セカンドパソコン or バックアップ用に、修理し活用

パソコンの場所があって、パソコン修理費用がしれていれば、これがいいでしょう。


2.下取り or 中古パソコンとして売却
・中古パソコンとして売却これも悪くないでしょう。

 売却価格がポイントですね。
パソコン・デジカメ買取価格 オンライン検索できます。 あなたの機種はおいくら?

* 初心者ガイド注意点:パソコンハードディスクデータの消去
    詳細は、4.初心者ガイド注意点Aを参照ください。

3.ハードディスクだけをパソコンから取り出して、バックアップ用に活用
  (ノートブックパソコンでも可)

ハードディスクだけの活用場所がない方には特におすすめ。
 特に、増設のハードディスクがあるブログ管理人のような場合:

 増設分だけでもこれで活用して、本体を売却というのも可能でしょう。
*古いパソコンから、ハードディスクだけを取り出して、

 外付けハードディスクとして活用する方法については、ブログ管理人の

 実体験レポートを参照ください。とっても、超簡単!安い!

4.パソコン廃棄
パソコン廃棄おすすめしません:資源の有効活用および手間が大変。
 初心者ガイド注意点@:パソコンを勝手に捨てることは禁止
 初心者ガイド注意点A:パソコンのハードディスクデータの消去

知ってますか?パソコンリサイクル法! 売るのなら値段のつく今のうちに! パソコンを捨てるのは有料です。


* 初心者ガイド注意点@について
パソコンは2003年10月から「資源有効利用促進法」により、

 各パソコンメーカーがパソコンをリサイクルすることになった。
・対象品目:デスクトップパソコンノートブックパソコン、液晶モニター、CRT

・処分には、購入したパソコンンメーカーに回収の申し込みの必要あり。
・窓口の連絡先:購入したパソコンメーカー or

 「パソコン3R推進センター」 http://www.pc3r.jp/リサイクル料金一覧を掲載

*初心者ガイド注意点Aについて
・データは、ゴミ箱やフォーマットでは、消えていません。

データ復元ソフトを使えば簡単に修復可能。
・電子情報技術産業協会のガイドラインは以下の通り
 a)消去ソフトで複数回上書き
 b)専用装置で電気的・磁気的に抹消
 c)物理的な粉砕

・機械屋のブログ管理人としては、 c)がおすすめです、
 初心者の方もc)で良ろしんではないでしょうかしょうか?

 パソコンの構造を把握しましょう!  
・ ソフトは無料でダウンロードできるものと市販のものとあり、
 メーカーの消去サービスを利用することも可。
・日立インンフォメーションテクノロジー:

 http;//www.hitachi-it.co.jp/3r/hdddel.htm ・ロジテック:

 http://www.logitec.co.jp/support/data_delete/
・料金ハードディスク1台当たり1260円〜1500円程度

*さて、古いパソコンの処理に目処がついたら、
新しいパソコン
ウィンドウズビスタWindowsVistaのホームプレミアムHomePremium
パソコン1台でテレビ録画、インターネット、音楽なんでもできる
マルチメディアセンターにピッタリ!
テレビ録画できるパソコン
次のパソコンDELLという方は、コチラ↓
 DELLパソコン:テレビ録画  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。