DELLパソコン(デル)の効率経営、見直し

DELLパソコン(デル)のテレビ録画デスクトップパソコン販売紹介する場合、

DELLパソコン(デル)社の経営・販売方針の確認は、チョー重要です。

DELL(デル)モデルとも呼ばれる「効率経営」で、パソコン最大手に成長した米DELLデル)、

5-7月期の世界シェア19%超と過去最高
しかしながら、利益は前年同期比5割減。

DELL(デル)のテレビ録画できるパソコンを性能の割りに安い

とおすすめするに当たって、DELL(デル)社の業績は気になるところです。

ブログ管理人としては、従来から気になっていたこととして、以下2点。
1.販促策は良いが、価格がコロコロと変わりすぎる。
2.顧客サービスの質が落ちたとのウワサがある。

日経新聞社の記者の、DELL(デル)モデルは限界?との質問に、
DELL(デル)社長、以下の回答。

上記1点目については、「顧客はころころ値段が変わる仕組みをのぞんでいなかった」

「販促策のわなにはまった。−−−中略ーーーこれから正常化する。」とのこと。

上記2点目については、「サービス要員の増強など顧客満足度を高める施策に

1億5千万ドルを投じる。ーーー後略ーーー」とのこと。
また、AMDなどの値段が安く性能の良い製品の取り込みが遅れてしまった、

とも発言されております。

数字などは、米DELL(デル)のものですが、

DELL(デル)社の復活に大いに期待するものです。
従って、管理人も、DELL(デル)社のテレビ録画できるパソコン

おすすめのところ(性能の割りに価格が安い)をどんどん紹介していきます。


* 「」内は、日本経済新聞8月27日朝刊より、抜粋。

以上、DELLパソコン(デル)をおすすめするに当たっての、

DELL(デル)社の効率経営の紹介でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。